提供住宅の特徴ついて

気密・断熱性能

「高気密・高断熱」住宅だから、省エネで夏涼しく、冬あたたか!

お客様に「どんな家にお住みになりたいですか?」と聞きますと、ほとんどの方がまず第一に「暖かい家」とお答えになります。長くて寒い新潟の冬を快適に過ごしたい。これだけは、何をおいても譲れない条件ではないでしょうか?

暖かい家をつくるには?

従来の家はなぜ寒いのか?

冬、寒くなると、私たちは暖房を入れますが、気密性・断熱性の低い家では、かなりの熱が外へ逃げていき、なかなか室内が暖まりません。

暖かい家をつくるには?

暖かい家をつくるには、屋内の熱が逃げにくい「高気密・高断熱住宅」が最適です。

「高気密・高断熱住宅」とは、高性能な断熱材や断熱ガラスを使用し、気密性・断熱性を高めた住宅です。

高気密・高断熱の家はこんなに快適です!

室内の温度がほぼ一定で、ヒートショックなどの心配がありません。

冬、お風呂の脱衣場などで、寒い思いをしていませんか?
高気密・高断熱住宅なら家中の温度がほぼ一定、ヒートショックによる脳卒中などの心配もありません。

上下の温度差がなく、足下もあたたかです!

暖房時、足下は冷たいのに顔は火照っている、そんな経験はありませんか?

高気密・高断熱住宅なら、室内上下の温度差が少なく、足下もあたたかです。

窓からの冷気を抑えます!

冬、窓のそばへ行くとひんやり冷気を感じますね。

窓からの冷気は下降気流を起こし、部屋全体に広がります。

高断熱復層ガラスの高気密・高断熱住宅では、冷気の流入が少なく快適です。

次世代省エネルギー基準、Q値(熱損失係数)1.6を実現!

Q値とは、内外温度差1℃の時の、熱の逃げにくさを表す数値です。数値が小さいほど断熱性が高位といえます。

EXY(エクシィ)は、北海道I地区における次世代省エネルギー住宅の基準値である1.6を達成しています。

高断熱性能のダブル断熱工法と基礎断熱工法を採用

高性能グラスウールにポリスチレンフォームをプラス。
画期的な『ダブル断熱通気外壁』を採用しました。高い断熱性能で常に快適な室内環境を保ち、壁の中の結露や雨水の進入を防止します。

150ミリの鉄筋コンクリート基礎を60ミリ厚の断熱材ではさむことで、
床下を良好な環境に保ち建物の耐久性を高めます。

高性能サッシで一年中快適!

冬の冷気や、夏の暑気が最も入りやすい窓には、複層ガラスを備えた高性能サッシを採用。 高い断熱性を実現し快適な居住空間を実現するほか、住まいの大敵、結露を大幅に抑えます。 断熱性・防露性に優れた複数ガラス
冷気・暖気の最大の侵入口である開口部において、複層ガラスを採用すると断熱効果が高まり、快適性がアップ。
冬暖かく、夏涼しい室内温度を保つことができます。
また、複層ガラスは結露を抑えたり、遮音にも効果を発揮します。
Low-E アルゴンガス入り ロール網戸付 高断熱複層ガラス仕様

換気計画(換気計算・換気経路)によるクリーンな空気環境

高気密・高断熱住宅で気になるのが換気の問題。EXY(エクシィ)では、一棟一棟十分な換気計画によって、クリーンな空気環境を実現しています。

続いて「EXY(エクシィ)」のその他の性能を見てみる!
↓ ↓ ↓

[ (EXY(エクシィ))その他の性能 ]